NHKで卵子は老化するという報道がなされてから、とにかく婚活は激化しています。若い女性が婚活市場に大量になだれ込んできているので、もたもたしているとかなり不利です。焦るのも禁物ですが、何もせずに時間を費やしていると、人生を棒にふります。一人でも生きてゆけるなどと強がらないで、まずは良い相手を見つけること。職場に出会いがない場合でも、成功者の激増しているテキルシスの方法を使えば、比較的に容易に適切な相手と出会うことができます。

秘策テキルシスの手順(実践講演会のポイント解説)

テキルシスではまず、複数の結婚情報サービスの婚活テストを受診します。勘違いしないでいただきたいことは、これは結婚相談所への入会を薦めるものではなく、データを得るための手順として活用しています。どのような婚活戦略を採るべきは、結果を比較検討してからのことになります(当サイトは婚活サイトの勧誘サイトではないので、あくまでも婚活力を計測することを目的としています。データは正確に記入しないと計測結果を受け取れないリスクがあるので注意しましょう)

A 【スマホ対応】あなたにぴったりのお相手って?
B あなたの婚活偏差値は?婚活EQ診断でチェック

必ず、AとBの両方の婚活テストを受診してみましょう。結果としてAよりもBの結果が良い場合と、BよりもAの結果が良い場合で、あなたの婚活戦略は大きく分かれることになります。

BよりもAの結果が良い場合

実践でやや苦戦するタイプですが、やり方次第では十分フォローできます。婚活パーティは不向きです。できれば、友人の紹介がベストですが、なかなか良い出会いが無い場合は、結婚相談所の利用も視野に入れた方が良いと思います。その場合、Yahoo!パートナー、エキサイトなどのいわゆるネット系婚活よりも、サンマリエ、オーネット、ブライダルネットなどが安全率は高いです。細かな適用法は、テキルシス実践編Ⅱに記載します。

AよりもBの結果が良い場合

実践でやや苦戦するタイプですが、やり方次第では十分フォローできます。婚活パーティは不向きです。できれば、友人の紹介がベストですが、なかなか良い出会いが無い場合は、結婚相談所の利用も視野に入れた方が良いと思います。その場合、Yahoo!パートナー、エキサイトなどのいわゆるネット系婚活よりも、サンマリエ、オーネット、ブライダルネットなどが安全率は高いです。細かな適用法は、テキルシス実践編Ⅱに記載します。

過去の恋愛経験が豊富だからといって、将来の恋愛がうまくいくわけではない

最も難しい局面は、出会った相手が結婚相手かどうか見極めることです。出会うだけであれば、合コンでも婚活パーティでも数だけであれば、出会いはあふれています。大切なのは見極めですね。そのためには、まず、テキルシスを確認すること。自分のレベルに合わせた作戦を取らないと後々何をやっても無駄な結果に終わります。診断を行うことで、今後どの方法で程度の可能性があるのか冷静に考えることができるようにになります。たとえば、合コンという手法がありますが、これで成功できるのは、ある意味かなりバンドの狭い範囲にいる人たちだけです。ほとんどの人にとって、合コンは遊びという位置づけになりつつありますから、ますますこの傾向は強くなるでしょう。また、診断結果がダメということですと、この先、かなり厳しいという印象。ただし、その場合には、おうえんネットなどを参照して、マンツーマンな出会いの形態を選んでいけばいい、そのやり方については実践編において解説します。勘違いしないことは、過去の恋愛経験が豊富だからといって、将来の恋愛がうまくいくわけではないということです。

ここで好きな人とは、「作るものではなく、できるものです」。だから、条件などでマッチングしたからといって好きになれるものでもありません。というあたりが真理かなと思います。条件で選んだ先に「恋愛」はないのだと思います。

婚活には偏差値というものがあるのですね。このあたりをしっかり把握して進めないととんでもない失敗をおかすことになります。まあ、大学でも、事前に偏差値を調べて模試を受けたりするわけで、市場化している婚活パーティにおいて玉砕しないためには、事前の準備はしっかりしておくことが肝要だと思います。

男性の感覚や本能心理は女性には理解できないかもしれませんが、女性が思っている以上に男性は「若さ」を重視します。これをいやらしい考えだと捉えても結構ですが、これは男性本能とも呼べるものです。」この点も無視できない男性の特性だと考えておく必要があるポイントだと思います。